学校法人 大雪学園 たいせつ幼稚園    〒071-8138 北海道旭川市末広8条2丁目 電話0166-55-1234
たいせつ幼稚園へようこそ
ホームへ園の概要のページへ入園ガイドのページへバス運行の地域と地図のページへ預かり保育のページへ自由登園日のページへ未就園児園解放のページへ年間行事のページへ幼稚園の一日のページへ給食のページへたいせつの先生たちのページへ先生のコラムページへみんなの秘密基地のページへお問い合わせ
   
   

たいせつ幼稚園入園垣外のページへ

幼稚園ってどんなとこ?幼稚園の一日のページへ

さぁ、おいでよ!みんなの秘密基地のページへ

朝早くても安心!預かり保育のページへ

幼稚園をしっかり体験!未就園児園開放のページへ


せんせいのコラムです

お問い合せ


つくし幼稚園はこちら


先生のコラム

『心のバリアフリー 』

外に出ればまだまだ汗ばむ季節ではありますが、遠く澄んだ空や朝夕の心地よい風に季節の移り変わりを感じる頃となりました。園庭や身近な草むらからはコオロギやキリギリスの鳴き声も聞こえ、とても賑やかです。園内の鈴虫たちも羽が生え揃い、素敵な音色を聞かせてくれるようになりました。

本来であれば2学期は、幼稚園にとって地域のお祭や敬老の日など、地元の皆さんと色々な場面でふれ合い学ぶ機会の多い学期です。ですがここ数年は、皆様ご存知の通り新型コロナウイルス感染症の影響で、地域の様々な方々と直接触れ合う大切な機会が得られずにいます。敬心園への慰問、鷹の巣フェスティバルや北療祭といった地域行事への参加を通じ、小さな自分達でも、さまざまなハンディキャップを抱えている方々や身近な人たちを、勇気づけたり、元気づけたり、思いやったりすることが出来るんだということを、マーチングやお遊戯などの発表から体感し学んできた子ども達。やむを得ない状況とはいえ、そうした学びの機会を用意できないことにとても歯痒い思いでいました。せめて話だけでもと、2学期の始業式の日に私は子ども達に向けて、自分の事を大切にするのはもちろん、周りの人を大切に思い、困っている人がいたら手を差し伸べてあげられる人になって欲しいということを話したのでした。ところが、そうした心配をよそに、子ども達は担任と一丸となって、会いに行けないのなら、自分達には何ができるのか、どんなことで相手が喜んでくれるのか、様々な意見を持ちよりながら一生懸命に考えてくれています。「今できることを精一杯」という子ども達と若い先生たちの姿勢に私自身も改めて勇気づけられました。年長さんは、先生に読んでもらった、ヨシタケシンスケさんの絵本「みえるとかみえないとか」を通じ、一人ひとり、あたりまえが違うこと、大きい人・小さい人、見える人・見えない人、歩ける人・歩けない人、肌の色や目の色が違う人など、自分とは見た目や特徴が違う人が世の中にたくさんいて、その人にしか分からないことやその人にしか出来ないこともあるんだということを知り、子ども達なりに大きな気づきがあったようです。人は、加齢や病気で見ること、聞くこと、動くことが難しくなることがあります。体の特徴や見た目で人を判断したり、無関心や無理解でいるのではなく、何か困っている人がいたら、それに気付いてあげられる、自然に手を差し伸べられる思いやりの心を、幼い子ども達の中に種を蒔き大切に育んでいきたいと思っています。

コロナ禍で出来ることは限られていますが、誰かの為に何ができるかを考え行動することは、自分自身にとっても大きな力となるでしょう。将来、物理的なバリアはもちろん、意識的なバリア(障害)もない世界が、お互いに手と手を取り合って助け合える世界が、子ども達にとってあたりまえの世界となることを願って。

                   園長 谷藤 実和                 

 

ステキな子ども達

さぁ、長い二学期が始まりましたね。楽しい夏休みを過ごし、お母さんと離れがたい気持ちもあったでしょうが、始業式にみんな元気に登園し、「ひさしぶりー!!」とたくさんの笑顔を見せてくれて嬉しく思いました。背が伸びてすらっとした子、お話が上手になった子、新しい歌を覚えてきた子。少し会わないだけで、なんだかぐーんと大きくなったように感じます。

夏休みの預かりでは、暑い中元気いっぱい虫を追いかけ、水遊びで顔までびしょぬれになって、先生達にも水をかけまくり、思う存分楽しんでいた子ども達。と先生達(笑)

小さいお友達のお世話もがんばっていました。虫を捕まえてあげる男の子、ずーっと手を繋いで寄り添ってあげる女の子、おにぎりのラップをあけて食べやすくしてあげる子まで。それはもう手厚いこと(笑)

2学期はさらに年少々さんが入園します。先輩方、頼りにしています!!

思いきり遊び、優しさいっぱいのたいせつの子ども達。2学期、次々にやってくる行事を乗り越えて、今度はどんな成長を見せてくれるのか・・・楽しみにしています☆

年少副担 長谷部菜穂



                     たいせつ幼稚園の先生になって

ドキドキの進級式から早4か月。毎日「のどか先生おはよう!」子どもたちの元気な挨拶から幼稚園での一日が始まります。日々の保育の中で子どもたちの無邪気さや一生懸命な姿に元気をもらったり、やりがいを感じています。たいせつの先生になってから毎日が濃く、あっという間に1学期を終えました。1学期は運動会の行事や毎日行う活動の中で学びや感動が沢山あり、そんな中でも一番驚いたのは子どもたちが私よりよりも先生だという事です(笑)私が何かしているとすぐ子どもたちは「なにか手伝うことある?」「お手伝いしたい!」とすぐ担任のところに駆けよってきます。その姿がとても頼もしく、時にはとっても可愛くて仕方がないんです(笑)気遣いができる子どもたちに沢山頼ってしまいがちですが、お願いすると笑顔で引き受けてくれるところも素敵で、小さい先生たちの活躍で毎日助けられています!1学期を振り返ると子どもたちと過ごして楽しかったことや学んだことや助けられたことがいっぱいありました。2学期も子どもたちとたくさんの思い出を作っていきたいと思います。そして子どもたちが元気に幼稚園に登園できるように精一杯サポートしていきます!

                              つき組担任 佐藤和


                    「たいせつ幼稚園に就職して」

4月からたいせつ幼稚園にスクールバスの運転手として勤務して3か月が過ぎました。前職は陸上自衛隊、3月31日の誕生日を持って定年退官しました。自衛隊は定年の約6か月前から定年後の就職活動が始まります。自衛隊には就職援護を担当する部署があり、担当者が決まり就職先を紹介してくれます。約36年間、自衛隊一筋で勤務して再就職となると自分は何をやりたいのかなかなかイメージできないのが現状です。色々考え、ある日、担当者との面談で私の方から「学校の用務員とかは無いのですか?」と問うと「幼稚園のバスの運転手があります。」と言われ、即答で「お願いします。」と回答しました。それがたいせつ幼稚園です。バスの運転以外にも用務員として外回りの環境維持を毎日バスの運転時間外でしなければならないので時間管理をしっかり立て実施しています。充実した毎日です。

 園長先生以下、全員女性で男性が私だけなので寂しい所もありますが、先生たちの教育がスムーズにいく為に力になれるよう勤務したいと思います。子ども達に囲まれ毎日、元気な姿と成長していく姿を見ていると年が若返っていく気がしています(笑)

                                                         バス担当 茂田敏直



                   どんな気持ちも受け入れたい!

新しいお友だちや先生と一緒に過ごすようになって1か月が経ちましたね。休園もあり、保護者の皆様には大変ご心配やご迷惑をおかけいたしました。休園明け久しぶりに会う子どもたちでしたが、変わらず元気に「れいな先生おはよう!」と挨拶をしてくれ満足いくまで遊べる子、長いお休みでやっぱりお家が恋しく、大好きなママと居たい子、様々なんです。それでもお部屋に入れば一緒に遊ぶのが楽しいと思えるお友だちの存在があって、「抱っこして」と担任に甘える事が出来て、あっという間に寂しかった気持ちも吹き飛び笑顔で活動に参加できる子どもたちに本当に驚かされます!!大人でも家に居たい時ありますよね?私も月曜日は特にそう…(笑)でも、幼稚園に一歩足を踏み入れるとそんな気持ちもいつの間にか忘れていて子どもたちと一緒に!いやそれ以上に?楽しんでしまうんです。結局何が言いたいのかというと、幼稚園に行きたくない日もある、頑張れない日もある、そういう気持ちも全て受け入れたい!受け入れるよ!ということです。でもやっぱり来てみたらとっても楽しかった!また明日も遊びたい!幼稚園に行きたい!という気持ちになるのですから、最初のその気持ちもうんと受け止め共に楽しんでいきたい、色々な経験をさせてあげたいなと思う日々を送っています。たいせつ幼稚園で過ごす毎日が子どもたちにとって最高な日々になりますように・・・★保育に努めていきます!

                                              そら組担任 川崎玲奈



                   「たいせつ自慢のおいしい給食」

連休明け、ようやく私が待ちに待っていた給食が始まります♡たいせつの魅力の1つである自園給食。コロナ禍になる前は給食参観という日を設けていて保護者の皆様にも食べていただく事ができたのですが、その機会もなくなってしまい本当に残念に思います。たいせつの給食は本当においしいんですよ~!私が以前勤めていた園は配達の給食だったのですが、食べる頃にはもちろん冷たく、おかわりの自由も利かない。子ども達も箸が進まない日が多く、設備がないので仕方がないとはいえ何だかなぁ~と思っていたんです。なので余計にたいせつの給食のおいしさに感動✨(学生の頃の実習園だったのでおいしさは知っていましたが)子ども達もモリモリ食べる!1人ひとり好き嫌いはあれど少しずつ克服して進んで食べられるようになったり、お友だちと一緒なら頑張って食べられる!という子も多いです。好き嫌いが多くて心配…というお母様もいらっしゃると思いますが、お子様のペースを大切にしながら食事の楽しさや喜びを感じられるようにサポートして参りますので安心してくださいね♪

                           子育て支援担当 菊地温子

 

 
〒071-8138 北海道旭川市末広8条2丁目 学校法人 大雪学園 たいせつ幼稚園 電話0166-55-1234
Copyright (C) Taisetu Kindergarten. All rights reserved.